部分義歯case1|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

部分義歯case1

見えにくいクラスプと金属床義歯

患者様は下の入れ歯が痛くて入れてない、痛くて噛めないことを主訴とし来院されました。

治療手順

患者様は60代の男性です。

現在入れ歯は痛くて入れていないというお話でした。

お口の中の状態を調べるためにパノラマX線撮影をしました。

初診時の口腔内写真とパノラマX線写真です。

左右側ともに上の奥歯が下に伸びてきてしまっています。

また、かみ合わせが強く下の前歯の切端が大きく削れています。

 

まず、下に入れ歯を作るためのスペースを確保するために

上の奥歯の被せものを作り直しました。

 

下には適合がよく審美的にも良好な、

義歯のバネが大きく出ないように設計した金属床義歯を入れました。

下の奥歯に義歯を入れるスペースができ、また金属にしたことにより

以前より薄く異物感が軽減したとのことで患者様の満足を得られました。

 

年齢・性別 60代男性
治療期間 6ヶ月
治療費 約60万(上顎補綴物治療と下顎義歯治療)
リスク・注意点 義歯は取外し可能なものですので、日常的なお手入れが必要です。

 

トップへ戻る