根尖部病変の治療|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

根尖部病変の治療

歯根端切除症例

前歯が痛く、腫れを繰り返していることを主訴とし来院されました。

治療手順

患者様は50代の女性です。

右上2番目の歯に痛みがあり、腫れが生じていたので、

根の先の状態を調べるためにX線撮影を行いました。

口内法X線写真

写真真ん中の歯の根の先に病変ができていることがわかります。

歯科用CT画像

CT撮影により病変の状態や位置がさらに正確にわかります。

歯科用CT画像

 

根の先に膿ができて、骨を溶かしています。

従来の根の治療では治らないので一度抜歯して、歯についた膿を取り出しました。

取り出した病巣がこちらです。

 

歯の根の先を切って先端を固い薬で逆根管充填し、その歯を戻して固定しました。

処置後のX線写真

逆根管充填した歯を元の位置に戻しました。

処置後4ヶ月後の写真

かみ合わせをあてないようにして、経過を見ます。

処置後1年後の写真

しっかり骨にくっつき先端の溶けた骨も再生しつつあります。

しっかりと骨に付き骨の再生も認められたので、最終的にかぶせものを作り装着しました。

年齢・性別 50代女性
治療期間 1年程度(骨の再生などには個人差があり、治療期間は前後します)
治療費 5万程度(被せものの種類により、治療費は変動します)
リスク・注意点

・充填が十分にされていないと再発のリスクがあります

・術後決められたように服薬する必要があります

・術後の経過観察が必要です

※治療期間および治療費は本症例におけるものです。患者様の状態やご要望により大きく変動することをご了承ください。

トップへ戻る