抜かない・削らない治療|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

抜かない・削らない治療

出来るだけ削らない・抜かない低侵襲治療に努めています

低侵襲治療

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では天然の歯を維持していただくため、低侵襲な処置を心がけ歯質の保存に努めております。現在では歯の機能を補う治療法がいくつかありますが、機能性や生体親和性において天然歯に勝る人工物は現段階ではありません。そのため当院では、最小限の切削と非抜歯にこだわり、天然歯にできるだけ手を加えない「抜かない・削らない」治療に力を入れております。

最小限の切削を可能にする対策について

最小限の切削

天然歯の寿命は残存歯質の量と比例するため、出来るだけ削らない事が重要です。以下では虫歯治療の際に、最小限の切削で治療を終えるために当院が実施している対策をご紹介いたします。

虫歯検知液使用による正確な切削

虫歯検知液

虫歯検知液を歯面に塗り、虫歯感染歯質の染め出しを行います。虫歯感染歯質と健康な歯質を肉眼で判断する事ができるため、虫歯感染部のみを正確に取り除く事が出来ます。さらに、見落としがちな細部の虫歯も取り残す事なく精度の高い処置が行えます。

歯科拡大鏡を用いた精密処置

歯科拡大鏡

肉眼の数倍に視野を拡大して、治療患部の細部まで確認しながら正確な切削をします。健康な歯質と感染歯質の境目もしっかり確認が行えるため、精度の高い処置が可能となります。さらに、虫歯の取り残しを防止することで再発リスクを軽減します。

エキスカによる繊細な感染部除去

エキスカ

虫歯に感染した歯は軟化するため一般的なタービン(ドリル)で、最後まで処置をすると健康な歯質までを削ってしまう可能性があります。そこで、最終的な細部の処置にはエキスカベーターと言う耳かきのような器具を使って、少しずつ丁寧な切削をします。

予防歯科の推奨

予防歯科

虫歯になってしまうと、例え早期発見が出来たとしても必要最低限の切削が必要となります。出来るだけ歯を削らないためには、虫歯にならない事が一番です。当院では定期的な検診や歯面清掃を呼びかけ、予防処置での歯科利用を推奨しております。

当院で実施したできるだけ削らない虫歯治療例

① 虫歯

虫歯

昔に他医院にて虫歯治療をして、保険診療で入れたつめ物の周りが黒ずんでいます。

② つめ物除去

つめ物除去

つめ物を除去したところ、つめ物の下で虫歯が広がっていました。これを2次カリエスと呼びます。

③ う蝕検知液の使用

う蝕検知液の使用

う蝕検知液という虫歯のみを赤く染める薬液を使用して虫歯組織を丁寧に、完全に除去します。

④ 虫歯除去

虫歯除去

きれいに虫歯組織を除去したところです。できるだけ天然歯を巻き添えにしないように精密に削りました。

⑤ コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填

歯科用プラスチックである保険診療素材のレジンにて修復しました(自由診療ではこれより色も保ちも良い素材を使用します)。

可能な限り抜歯を回避する対策ついて抜歯を回避

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、出来る限り歯を抜かない治療に努めています。歯の根っこ部分が折れた症状などは抜歯の回避は困難となりますが、その他の症状であれば適切な処置をする事で歯を抜かずに保存できる可能性もあります。当院が実施する非抜歯対策をご紹介いたします。

歯根端切除術・再植術の実施

歯根端切除術・再植術細菌の繁殖によって歯の根の尖端に膿が溜まる「根尖病変」は、通常の根管治療では改善できない場合があり、一般的には抜歯と診断されることも少なくない症例です。当院では根尖病変に対し、歯茎を切開して、根尖の病変部位や感染歯質を切除する「歯根端切除術」を実施して、症状改善を図ります。

また、奥歯に根尖病変が生じた場合には、位置の関係上、歯根端切除術の実施が出来ないため、歯を意図的に抜歯して病変部位と感染歯質を切除した後、元の場所に戻す「再植術」を実施いたします。どちらも外科的な処置となりますので、負担も大きくなりますが天然歯保存の可能性がある場合には、検討いたします。

MTAセメントによる神経保存治療

MTAセメント

重度の虫歯によって神経付近や神経にまで感染が広がった場合、虫歯感染部を殺菌効果の高いMTAセメントで覆い、虫歯菌を不活性化する事によって神経を保護出来る可能性があります。この処置を「覆髄処置」といい、神経を保存できる事により、将来的な抜歯リスクを軽減する事ができます。

エクストルージョン法の実施

エクストルージョン

虫歯治療で歯質のほとんどを失い、歯肉よりも上に歯がない場合は、かぶせ物を装着しても長期的な安定が望めないため、一般的には抜歯と診断される症例となります。当院では歯肉より上に残存歯質が少ない歯に対して、エクストルージョン法と言う矯正処置で残存歯を引き上げ、歯肉より上に十分な歯質を獲得する事によって、かぶせ物の長期維持を可能にします。

自家歯牙移植のご提案

自家歯牙移植

患者様のお口に親知らずが健在の場合には、歯を失った際の修復法として「歯牙移植」にも対応しております。親知らずはご自身の天然歯ですので親和性が高く、歯根膜などの周辺組織も移植が可能なため、以前と変わらない感覚で生活して頂けます。移植にはいくつかの条件がありますが、移植が可能な場合には、インプラントや入れ歯などの一般的な修復治療の前にご提案いたします。

歯周外科治療による歯石除去

歯周外科治療

中度~重度の歯周病では歯周ポケットが深くなり、器具が届かず、内部に付着した歯石を的確に取り除く事が困難となります。このような場合には、歯肉を切開して行う歯周外科治療を実施致します。麻酔後、歯肉を切開して歯周ポケットを露出し、目で確認を行いながら的確な歯石除去と感染部位の切除を行います。取り残しのない歯石除去によって歯周病症状の改善を図り、抜歯リスクを軽減します。

習志野・飯山満・薬園台周辺で天然歯の保存治療をご希望の方へ

天然歯の保存治療

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、このように天然歯の保存にこだわって様々な対策や工夫を行っています。全ての症例に対して、抜歯回避が可能なわけではありませんが抜歯は最終手段と考え、可能な限り天然歯の維持に努めております。習志野・飯山満・薬園台周辺で歯の保存にこだわった歯科医院をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る