予防歯科・歯科検診|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談

予防歯科・歯科検診

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科は予防歯科に力を入れています

予防歯科

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、虫歯や歯周病疾患の発症を未然に防ぐ「予防歯科」に力を入れて取り組んでおります。予防の徹底により、生涯治療費・治療時間を抑えることが可能出来ます。さらに虫歯や歯周病を患った際、早期発見、早期治療によって、負担を抑えた最小限の処置で改善が可能です。以下では、当院が力を入れている予防歯科の特徴をご紹介します。

歯科衛生士担当制で予防を徹底サポート

歯科衛生士担当制

当院の予防歯科を担当しますのは、国家資格を有した歯科衛生士です。虫歯や歯周病の改善や予防に精通しており、的確な処置を実施いたします。担当制にする事によって、生活習慣の把握やお口のちょっとした変化に気付く事ができ、的確な予防法のご提案が可能となります。歯周病の改善や予防は、時間が必要となりますので信頼関係を築きながら二人三脚で取り組んで行きましょう。

担当歯科衛生士によるプロフェッショナルケア

プロフェッショナルケア予防の基本となるのは、患者様が普段行っている歯磨きなどのセルフケアですが、私達のお口の中には歯磨きでは取り除く事が困難な、歯石やバイオフィルムが存在します。

より徹底した予防を実施するためには、歯科医院で受診するプロフェッショナルケアが重要となります。定期的に歯科検診や歯のクリーニングを受け、疾患の原因となる因子を取り除きましょう。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC歯科衛生士が専用の器具を用いて行う歯面のクリーニングによって、ブラッシングでは取り除く事が出来ないバイオフィルムを除去します。

さらに、歯と歯の隙間や細部を清掃する事で歯面を滑沢に仕上げ、歯垢の再付着を抑制します。歯を削ったりする処置ではありませんので痛みもなく、終わった後に爽快な気持ちを感じていただけます。

バイオフィルムについて

バイオフィルムとは、細菌などの微生物が集まって強固になった塊です。バイオフィルムには、虫歯菌をはじめ沢山の細菌が存在するため、放っておくと歯肉の炎症や歯周病、虫歯や口臭の原因となります。バイオフィルムは普段のブラッシングでは、取り除く事が出来ないため、定期的に歯のクリーニングを受診して口腔内の健康維持に努めましょう。

正しい歯磨き方法の指導

正しい歯磨き患者様が日々行っているセルフケア向上のために、正しい歯磨き方法やお口に合った歯ブラシ選びのアドバイス、生活習慣の指導などを行います。

セルフケアの質が上がる事によって、より効果的な予防が可能となります。

適材適所でスケーラーの使いわけ

歯の隙間や歯茎との間に付着した歯垢や歯石の除去をする際、当院では「超音波スケーラー」と「ハンドスケーラー」の2つのスケーラー(歯石除去に使用する器具)を、適所で使いわけ、丁寧な処置を心がけています。使用するスケーラーの特徴をご紹介します。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波振動を利用して、歯垢や歯石を取り除くスケーラーです。短時間で広い範囲の処置が可能なため、お口全体や歯の表面の汚れの除去に適しています。

ハンドスケーラー

ハンドスケーラー

ハンドスケーラーは、歯の隙間や細かい患部の歯垢や歯石の除去に適しています。手動なので時間は要しますが、繊細な処置によって徹底した汚れの除去が可能となります。

予防歯科の重要性について

定期的に通院

痛い時に通院

(出典:日吉歯科診療所調べ)

上記の画像は、定期的に歯科医院を利用した場合と、痛い時にだけ歯科医院を利用した場合にかかる生涯治療費と歯の寿命表したものです。定期的に歯科医院を利用した方が費用がかかりそうなイメージですが、実際には費用を抑える事ができ、歯の寿命も長くなる事が分かっていただけると思います。自身の歯を残すため、いま一度予防歯科の重要性について考えていただき、痛くない時こそ歯科医院に通う事を習慣にしましょう。

習志野・飯山満・薬園台・前原周辺で予防歯科をご検討中の方へ

予防歯科

当院ではこのように疾患を未然に防ぐ予防歯科に力を入れ、より高い効果を実感していただえるよう様々な取り組みを行っています。予防歯科は歯の寿命と深い関係があるため、どなたにも受診をおすすめしています。習志野・飯山満・薬園台周辺で生涯自身の歯で生活したい方は、ぜひ津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科の予防歯科をご検討下さい。

トップへ戻る