つめ物・かぶせ物(審美歯科)|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談

つめ物・かぶせ物(審美歯科)

見た目と機能性にこだわった審美歯科治療のご提案

精密審美歯科

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では銀歯が気になる方をはじめ、前歯の隙間や欠けを自然な感じに修復したい方、歯の形状を整えたい方など、見た目だけでなく快適な咀嚼を考慮した機能性にもこだわった審美歯科治療のご提案に努めています。

ご予算・ご要望を考慮した素材や治療法をご提案

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科の審美歯科治療では、保険適用から自由診療まで幅広い素材、治療法をご用意しております。患者様のご要望・ご予算・口腔内の状態を考慮した上で適切な治療法、素材をご提案致します。自由診療に比べ、素材や工程は限られますが、保険適用内であっても、ベストな治療法、素材をご提案させて頂きますのでどうぞお気軽にご相談ください。

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科が推奨するメタルフリー治療

メタルフリー治療

歯の修復に多用されている銀歯(パラジウム合金)は、審美性の問題だけに留まらず、経年劣化による形状の変化によって、土台となる歯との間に隙間が生じ、かぶせ物内部で虫歯が再発する2次カリエスを引き起こします。再発リスクが非常に高く、銀歯での修復はそのほとんどが5年で再治療が必要と言われています。このような理由から当院では、出来るだけ銀歯を使用しないメタルフリーでの審美歯科治療をおすすめしています。

セラミック素材のつめ物・かぶせ物

セラミック素材のつめ物・かぶせ物全てセラミックで作成されたつめ物・かぶせ物です。天然歯にもっとも近い色調、質感が特徴です。経年劣化に強く、変形や色の変化もほとんどないため、高い審美性を維持していただけます。

また、患者様一人ひとりの歯の色に合わせて細かい色を設定出来るため、違和感のない自然な仕上がりが可能です。

どこが人工セラミック

答えは

人工セラミック

人工セラミック

ダイレクトボンディング法による審美修復

ダイレクトボンディング法以前治療したつめ物の変色や前歯の欠け、隙間の修復におすすめの方法がダイレクトボンディング法です。修復が必要な部位に歯科用の樹脂を直接盛り足しながら、形状を整えて行くため適合性が高く再発リスクを抑える事ができます。

また、型取りの必要がないため、その日の内に治療を終える事が可能な上に、歯を削る量を最小限に抑える事が出来る優れた修復法です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア前歯に特化した修復法がラミネートベニアです。前歯の変色、隙間、欠けを修復する事が出来ます。

歯を薄く削った後に、板状のセラミックを貼って形状を整えます。素材はセラミックですので、耐久性が高く審美性を維持する事が可能です。

保険適用の白い歯(ハイブリッドセラミック)

保険適用の白い歯津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、前から4番目、5番目の歯を保険適用でハイブリッドセラミック(CAD/CAM冠)にする事が出来ます。

同じ保険適用の銀歯と比べ、審美性が高く、耐久性もあるためおすすめの治療法です。

ハイブリッドセラミックでの治療範囲が広がる場合もあります

保険適用のCAD/CAM冠での治療は通常前から4番・5番目に限定されますが、以下の患者様は他の場所にも適用する事が可能です。

当院での審美歯科の治療の一例

実際にどういった治療を行うのか、具体例をご紹介致します。

銀歯の下に発生した虫歯の除去と詰め物による修復

銀歯の下の虫歯

この方の症状は、奥歯に被せた銀歯の下で虫歯が生じていたというものです。銀歯は年々劣化していくため、いくら丁寧に処置をしても歯と銀歯との間に隙間が生じます。そこへ虫歯菌が入り込むことで、虫歯が生じてしまうのです。銀歯の寿命は思うほど長くなく、4年ほどとされています。本件では銀歯を外した上で虫歯を取り除き、今度はセラミックを詰め物として用いました。セラミックは銀歯よりも寿命が長く、しかも見た目にも目立たないという特長があります。

歯の隙間を治すラミネートベニア治療

ラミネートベニア

この方は前歯に空いた隙間が長年の悩みだったとのことで、ラミネートベニア治療を実施致しました。この治療法は、つけ爪のようにラミネートベニアというセラミック製の歯を貼り付けるというものです。被せ物と異なるのは、あくまでも貼り付けるだけなので歯をあまり削らなくてよいという点です。剥がれないのかという心配もあるかも知れませんが、これについては半永久的に接着固定するので問題ありません。また、セラミックは変色もしないために見た目の美しさも劣化しません。

審美性・適合性・機能性を兼ね備えた審美歯科治療のために

優秀な歯科技工士との連携

優秀な歯科技工士治療で必要となる補綴物(つめ物・かぶせ物)は、歯科医師が採取した歯型や情報を基に、歯科技工士と呼ばれる職人さんが作成します。適切な咬み合わせを得るためには、ミクロ単位での調整が必要となるため、高い技術と専門知識が必要不可欠となります。

そこで当院では、熟練の歯科技工士が在籍する歯科技工所と連携を図り、審美性・機能性・適合性にこだわった精度の高い補綴物の作成に努めております。

当院が実施するこだわりの工程をご紹介します!

シェードテイキング

シェードテイキング

審美性が高い人工歯とは、ただ白いだけでなく、お口の中との調和が重要となります。そのため、シェードテイキングによって、患者様一人ひとりに合った色調の選定を行います。

拡大視野での初期治療

拡大視野

土台となる歯の処置がいい加減では、せっかくきれいにした歯も長期維持する事は出来ません。当院では歯科拡大鏡を用いた拡大視野の下、精度の高い土台の形成・初期治療を行います。

シリコン印象

シリコン印象

補綴物(つめ物・かぶせ物)の設計図となる歯型は、型ズレしづらいシリコン印象材を使用して、精巧な型取りを心掛けています。

歯肉圧排の実施

歯肉圧排

かぶせ物の型を取る際には、歯と歯肉の間に専用の糸で圧力をかけ、歯肉を一時的に剥がす事で、歯の際までの歯型を取る事が可能となり、より適合性の高い技工物の作成が行えます。

習志野・飯山満・薬園台周辺で審美歯科治療をご希望の方へ

審美歯科治療

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、見た目はもちろんですが機能性や適合性にもこだわって審美歯科治療を実施しております。習志野・飯山満・薬園台周辺で目立つ銀歯を白くしたい方や、保険適用の白い歯での治療をご希望の方などいらっしゃいましたら、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る