虫歯・根管治療(神経の治療)|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

虫歯・根管治療(神経の治療)

歯の保存にこだわった低侵襲な虫歯治療を心がけています

低侵襲な虫歯治療

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、患者様の天然歯を出来る限り維持していただくために、歯科拡大鏡を用いた拡大視野の下、「抜かない・削らない」低侵襲な虫歯治療を心がけています。さらに、治療に伴う痛みや不安などの心身的負担の緩和にも配慮し、快適な治療のご提供に努めています。

痛みを抑えた治療実現のために

痛みを抑えた治療

当院では、歯科治療に伴う痛みや不安の緩和にこだわり、様々な工夫や対策を行っています。麻酔注射をはじめとした、心身的負担の緩和への取り組みは以下リンクよりご確認下さい。

痛みを抑えたページへ

歯質の保存にこだわった処置

歯質の保存

当院では、患者様の天然歯に極力手を加えない低侵襲治療を基盤に、歯の保存にこだわった処置を実施しています。当院が実施する可能な限り「抜かない・削らない」治療への取り組みは下記リンクよりご確認下さい。

抜かない・削らない治療ページへ

重度な虫歯には抜歯回避のため根管治療を実施します

根管治療

虫歯が重度にまで進行すると、歯の内部にある神経や血管が収まる根管にまで虫歯菌の感染が広がり、激しい痛みを伴う事となります。さらに悪化すると最終的に抜歯となるため、症状の改善を図るために根管治療を実施します。根管治療は、歯の内部に存在する虫歯菌に感染した物質を綺麗に取り除き、根管内部を洗浄、殺菌を行い、密封する事で症状を改善します。一つひとつの工程がしっかり行われていないと、再治療となるため精度の高い処置が必要となります。当院では精密機器や殺菌効果の高い薬剤を用いて、再発リスクを限りなく抑えた精密根管治療に努めております。

歯科用CTによる根管の把握

歯科用CT

複雑で特殊な形状の根管を、一つひとつ手探りで確認するのは困難です。当院では、歯科用CTを使用して根管の状態を正確に把握し、見落としがちな根管や、特殊な形状の根管の処置を的確に実施しています。また、レントゲンでは発見が困難な病変の確認も行い、精度の高い処置に努めています。

精度にこだわった拡大視野での処置

拡大視野

根管内部は、狭くて暗いため肉眼では正確な処置が行えません。そこで歯科拡大鏡を用いた拡大視野の下、根管内部の状態を常に確認しながら精度の高い処置を行います。

ラバーダムによる無菌化の向上

ラバーダム

根管治療で重要となるのは、根管内部の無菌化です。ラバーダムは、治療を行う歯を口腔内から隔離する事ができるゴム製のシートです。細菌が多数存在する唾液の侵入を防ぐ事が可能となり、無菌化の精度を格段にあげる事ができます。再発率を抑えた根管治療実施のためには、ラバーダムの使用は必須と言えます。

ニッケルチタンファイルで根管形成

ニッケルチタンファイル

根管内部の感染物質の除去に必要となるのが、先がヤスリ状になっているファイルと呼ばれ器具です。当院では、複雑な根管内部にも馴染むニッケルチタンファイルを採用しています。柔軟性が高いため、根管の隅々までしっかり処置が可能です。ファイルを使用して、感染物質の除去と根管内部を拡大する根管形成を丁寧に行います。

MTAセメントによる緊密な根管充填

MTAセメント

根管内部の感染物質を除去した後の空洞は、そのままにしておくと細菌の繁殖スペースとなるため、MTAセメントで空洞を埋める「根管充填」を実施します。MTAセメントは高い殺菌効果があるため、無菌化の精度を高めながら根管を隅々まで封鎖する事が出来ます。

歯根端切除術・再植術の実施

歯根端切除術・再植術

通常の根管治療では症状の改善が行えない、根の尖端部分に膿が溜まる「根尖病変」では歯肉を切開して、膿の摘出と感染部位の切除を行う「歯根端切除術」を行い、症状の改善を行います。根尖病変が奥歯に出来た場合には、意図的に抜歯を行い、感染物質の切除を行った後に元の場所に戻す「再植術」を実施し、症状の改善を図ります。根尖病変は通常抜歯となる症状ですので、歯を抜歯から守るためにとても有効な方法です。

津田沼前原コウノ歯科で実施した歯根端切除の症例をご紹介

歯根端切除術によって根尖部の病変を取り除き、症状を改善した症例をご紹介します。

初診時

前歯が痛く、腫れを繰り返していることを主訴とし来院されました。

患者様は50代の女性です。右上2番目の歯に痛みがあり、腫れが生じていたので、根の先の状態を調べるためにX線撮影を行いました。

口内法X線写真

口内法X線写真

レントゲン画像です。歯の根の先に病変(黄色○)ができていることがわかります。

歯科用CT画像

歯科用CT画像

CT撮影により、病変の状態や位置がさらに正確にわかります。

歯根端切除術の実施

歯根端切除術の実施根の先に膿ができて、骨を溶かしています。従来の根の治療では治らないので一度抜歯して、歯についた膿を取り出しました。取り出した病巣がこちらです。

その後、細菌に感染している歯の根の先を切除、先端を固い薬で逆根管充填し、その歯を元の場所へ戻して固定しました。

処置後のX線写真

処置後のX線写真

逆根管充填した歯を元の位置に戻しました。

処置後4ヶ月後の写真

処置後4ヶ月後の写真

咬み合わせをあてないようにして、経過を見ます。

処置後1年後の写真

処置後1年後の写真

しっかり骨にくっつき先端の溶けた骨も再生しつつあります。

かぶせ物を装着して治療完了

サンプルイメージ

戻した歯がしっかりと骨とくっつき、骨の再生も認められたので、最終的なかぶせ物を製作後、装着して治療完了です。

年齢・性別 50代 女性
治療期間 1年程度(骨の再生などには個人差があり、治療期間は前後します)
治療費 5万程度(被せものの種類により、治療費は変動します)
リスク・注意点 ・充填が十分にされていないと再発のリスクがあります
・術後決められたように服薬する必要があります
・術後の経過観察が必要です

習志野・飯山満・薬園台周辺で精密根管治療をご希望の方へ

精密根管治療

津田沼前原コウノ歯科・矯正歯科では、このように低侵襲な虫歯治療を心がけ、少しでも歯質を残すために様々な取り組みを実施しております。また、抜歯から歯を守るために行う根管治療では、一つひとつの処置を的確に行う事で、再発率を抑えた精密な治療を可能にしています。習志野・飯山満・薬園台周辺で歯の残存にこだわった虫歯治療、根管治療をご希望の方は当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る