凸凹(叢生)の矯正治療症例 |船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

凸凹(叢生)の矯正治療症例 

凸凹(叢生)の矯正治療症例

20代の女性です。

上下の凸凹を気にされて来院されました。

 

治療手順

分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。

奥歯のかみ合わせを改善し、横顔を良好にするために、アンカースクリュー(ネジ)を使用しました。

 

矯正治療前

矯正治療後

アンカースクリューを用いたおかげで、

口元や歯の傾きの改善がかなり理想的な位置に変化することができ、

顎間ゴムの使用もせずに効率的な治療が行えました。

患者様も治療途中から口が閉じやすくなったと実感いただけました。

 

顎間ゴムは直径3~5ミリ程度(数種類あります)の矯正用のゴムを

歯並び改善のためにワイヤーの突起やマウスピースの突起、切れ込みに

患者様自身でひっかけて使います。

アンカースクリュー(ネジ)を打つことにより

このゴムかけの負担をなくすことができます。

画像はマウスピースの切れ込みに顎間ゴムを装着したところです。

 

年齢・性別

20代女性 
矯正治療期間 2年

抜歯の有無

上下左右一本ずつ
治療費 1,045,000円(税込)
リスク・注意点

歯の移動による痛みを感じることがあります。

治療後保定装置を使用しないと後戻りをします。

備考 アンカースクリュー使用

 

トップへ戻る