凸凹(叢生)の矯正治療症例|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

凸凹(叢生)の矯正治療症例

凸凹(叢生)の矯正治療症例

10代の男性です。

八重歯と前歯の隙間を気にされて来院されました。

治療手順

分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。

もともとそこまで口元が出てなかったため

奥歯のかみ合わせを改善するために下の歯は奥の歯(前から5番目の歯)を抜きました。

結果として口元も理想的な位置になり、凸凹も改善されました。

 

矯正治療前

矯正治療後

 

年齢・性別

10代男性
矯正治療期間 2年1か月

抜歯の有無

上下左右1本ずつ
治療費 95万(税別)
リスク・注意点

歯の移動による痛みを感じることがあります。

治療後保定装置を使用しないと後戻りをします。

備考 特になし

 

トップへ戻る