すきっ歯の矯正治療症例|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

すきっ歯の矯正治療症例

すきっ歯の矯正治療症例

高校生の男性です。

上の前歯の凸凹と下の前歯の隙間を気にされて来院されました。

治療手順

 

分析の結果、抜歯と非抜歯のボーダーラインでしたが、

舌の大きさや治療後に歯並びが元の状態に戻ってしまう後戻りのリスクを考慮し

抜歯を行わず治療していくことを同意のもと矯正治療を開始しました。

 

矯正治療前

矯正治療後

 

もともと外傷で左上の前歯には被せ物が入っていて、

左右で大きさが若干異なったため、上下の真ん中を合わせるために、

被せ物に透明な材料をもりながら微調整を行ったため、矯正治療にやや時間がかかりました。

最終的にはかかりつけ医に被せ物をより目立たないものにしていただく予定です。

 

年齢・性別

10代男性
矯正治療期間 2年

抜歯の有無

非抜歯
治療費 95万(税別)
リスク・注意点

歯の移動による痛みを感じることがあります。

治療後保定装置を使用しないと後戻りをします。

備考

左上の前歯の補綴物

 

トップへ戻る