凸凹(叢生)の矯正治療症例|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

凸凹(叢生)の矯正治療症例

凸凹(叢生)の矯正治療症例

患者様は10代の女性です。

上下の凸凹を気にされて来院されました。

治療手順

分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。

上下の歯並びの真ん中をそろえるために、

左右で形態の違う上の犬歯にやすり掛けをしてサイズの差を整えました。

 

矯正治療前

矯正治療後

 

歯磨きが少し苦手だったことから、初診時は歯茎が腫れているところがありましたが、

矯正を通じて歯磨きもかなり上手になり、除去後の歯茎はかなり引き締まっています。

通常は装置を付けると歯磨きが難しくなるのですが、

毎日頑張って磨いてくださった結果だと考えられます。

 

年齢・性別

10代女性
矯正治療期間 2年2か月

抜歯の有無

上下左右一本ずつ
治療費 95万(税別)
リスク・注意点

歯の移動による痛みを感じることがあります。

治療後保定装置を使用しないと後戻りをします。

備考 上の犬歯形態の左右差

 

トップへ戻る