小児のすきっぱの矯正治療例|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

小児のすきっぱの矯正治療例

大人の歯の正しい位置への誘導

10代女児の患者様です。

左上の隙間を気にされて来院されました。

 

治療手順

左上の歯の隙間は、

6歳臼歯といわれる奥歯が生えるときに、

手前に向かってひとつ前の乳歯を吸収しながら生え、

その乳歯が通常よりも早く抜けてしまった結果、

本来であれば生えるはずの大人の歯のためのスペースが小さくなり、

生えてこられなくなったことによって

一見するとすきっぱの様に見えるという状況でした。

そのため左上の奥歯を正しい位置に移動させスペースを作りました。

その結果、大人の歯は正しい位置に生え隙間はなくなりました。

 

矯正治療前

矯正治療後

細かいかみ合わせ等の問題に関して、本格的な矯正治療は希望されなかったため

治療は終了しています。

子どもの矯正治療はタイミングを逃すと、大人の歯が骨の中で埋まってしまったり、

ほかの大人の歯を吸収してしまったりしますが、

早期に治療することによって予防できました。

 

年齢・性別

10代女児
矯正治療期間 1年5か月

抜歯の有無

非抜歯
治療費 45万(税別)
リスク・注意点

歯の移動による痛みを感じることがあります。

治療後保定装置を使用しないと後戻りをします。

成長による変化があるので経過観察が必要です。

備考 左上の乳歯の早期喪失

 

トップへ戻る