白い詰め物について|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談

白い詰め物について

投稿日:2020年2月17日

カテゴリ:スタッフブログ

  こんにちは、歯科衛生士の大林です!

今回は、白い詰め物についてお話しようと思います。

皆さんは、白い詰め物事をどれ位ご存じでしょうか。虫歯の大きさや、範囲によって詰め物になるか、かぶせものになるかどうかが決まってきます。どんなものか何となく知っている方もいると思いますが、白くても素材が違ったりしますので、参考にしてみて下さい。

詰め物の種類

➀保険(よく言われる銀歯)…金属で、天然歯より硬いです。長年使う事で黒ずんできます。

 

 

 

                         

②自費

 1.ハイブリットセラミック…プラスチックとセラミックの混合で、天然歯と同じくらいの硬さ。

              時間がたつとプラスチックが混ざっているため変色しますが、見た

              目は白くてきれいです。

 

 

 

 

 2.オールセラミック…ガラス系セラミック。天然歯より若干硬め。すべてセラミックで作製してま

           す。自然な透明感があり、最も自然な美しさで再現できます。長年使っても

           変色しません。

 

白い詰め物は見た目がきれいの他に、汚れが付きにくいため虫歯になりにくいです。最近では、金属アレルギーの方も多く、白い詰め物にされる方がいらっしゃいます。そういう方にもオススメです。

金額の事や詳しい事等聞きたい事があれば、お気軽にスタッフまでにお声お掛け下さい!

ご来院お待ちしております😊

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る