歯が無くなった所に歯を作ることが何故大切か?|船橋市の歯医者|津田沼前原コウノ歯科矯正歯科

船橋歯科医師会所属

日本矯正歯科学会認定医

キッズコーナー/バリアフリー

インプラント指導医

習志野・飯山満・薬園台すぐ

047-406-4267

千葉県船橋市前原東4-18-6 2F

小児歯科・小児矯正

歯科矯正

お問い合わせ・ご相談


新型コロナウイルス対策について

歯が無くなった所に歯を作ることが何故大切か?

投稿日:2020年1月7日

カテゴリ:スタッフブログ

 こんにちは!歯科医師の飯塚です。

 皆さんは歯が抜けてしまったり虫歯で大きく欠けたりしたとき何故すぐに歯を作らなければならないか知っていますか?

 食べ物を噛めるようにするため?もちろんそれも大切なことです。でもそれと同じ位大きな理由が残された歯を守るということです。

 歯が無い状態を長いこと放置しておくと両隣の歯が傾いてきたり反対側の歯が落ちてきます。そうして歯並びが悪くなれば汚れも貯まりやすくなり虫歯や歯周病になり易くなりまた歯を失うことにも繋がります。また動いてしまってから歯を作ろうとすると治療も難しくなりお金も時間も掛かります。

 一度無くなった歯は以前のように完全に元に戻すことは出来ません。だからこそ残された歯を1本でも多く良い状態で残すために早め早めに治療に来ていただくことをお勧めします。

 歯を作る治療は入れ歯やインプラント等があり状態により最適な方法があります。もし気になる所がありましたら、お気軽に津田沼前原コウノ歯科にご相談下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る